美大合格のデッサン力をつかむ

-ら~ろ-

◆「ラフ・スケッチ」

デッサンでよく使われる語。本番の前にどのようなカタチ、配置にするかを下見するために描く下書きのような作業。

ラフ・スケッチは、デッサンの構図をどうするかを考えるときに描くもので、モチーフをどこまで入れるかなどをスケッチを見ながら検討します。

他にも「スケッチ」「エスキース」「クロッキー」などありますが、それほど堅苦しく使い分けている人はいないようです。

予備校の生徒たちも、ほとんど同じような意味合いで使っています。

スケッチは下絵という広い意味で使われ、風景画でもデッサンでも言われますが特定の意味はありません。

エスキースはある構成意図に基づいて描くアイディア出し。

クロッキーは、人物などのカタチを捉える時に使われます。

◆「立体感」

抵抗感・立体感とほぼ同義。

手前のモノが手前に見えるか、奥のモノが奥に見えるか。

私はだいぶこの言葉が難関でした。

◆「量感」

抵抗感・立体感とほぼ同義。

丸いものなどによく使われるけども、さして意味が違うわけではありません。

ボリュームとも置き換え可能。

◆「輪郭線」

モチーフの輪郭線のこと。アウトラインともいう。

漫画などはほとんど輪郭線で描かれています。

輪郭線=アウトラインだけなぞると、立体感がなくなってしまうためデッサンではあまり強めて描くことは少ないです。

カタチをとる際には、アウトラインというよりも、そのモチーフの特徴やポイントを描くとうまくできます。

◆「ローアングル」

もともと写真用語で、「煽り(あおり)」と同義。

下から見上げた視点のことをいいます。

見上げる視点だと、モチーフが迫るような構図になるので、印象が強くインパクトのあるものになります。