美大合格のデッサン力をつかむ

あると便利な道具
ウエットティッシュ

あまりにも便利な道具なので必須の項目に入れておきたいほどの品です。

手が汚れるということはデッサンでは頻繁に起こります

たとえ気をつけていても、いつの間にか汚れてしまうことは日常茶飯事。

そこでウエットティッシュの出番です。

綺麗な手でデッサンしよう

手についた黒鉛は以外と取れないもので、軽い汚れなら手をこすり合わせると何とかなりますが、テカる程くっつくと、こすったところで取れません。

石けんで手を洗うか、何かしら水分を含ませたものでないと取れません。

ウエットティッシュならその場で手をキレイにできますので、試験中など化粧室に席をたつ必要もないのです。

ウエットティッシュで汚れをサッと消す

 

なので使いどころは、予備校というよりか試験場です。きっと役に立つはずです。
※ただし道具の持ち込み制限をしている大学もあります、注意しましょう!

 

ウエットティッシュは携帯サイズが便利

デッサンに慣れたころには、汚れたまま放置することはなくなりますから、ウエットティッシュの出番はだいぶピンポイントになると思います。なので枚数は少なくコンパクトなもののほうが便利です。

本当に時間のないとき、試験終了間際などはかなり助けになってくれますよ!
逆にリラックスしたいときはあえて手を洗いに行きましょう。

 

受験期のヒトシ

ヒトシは受験の際、
「1時間経ったら、汚れてなくても一呼吸して手を拭く」というのをやっていました。

 

クールダウン&手もさっぱりしてリフレッシュできますよ

携帯用ウエットティッシュは一部の予備校付属の画材屋さんにも置いていますし、¥100均一のお店でも除菌剤、エタノールを含んだちゃんとしたものが手に入りますのでお手ごろです。

 

ちなみに、湿った手で画面を触れると黒鉛がにじむので、ウエッティでも手洗いでも良く乾かして再開しましょうね。時世的にも大事ですね

手洗い後やウエットティッシュのあとは乾燥が大事

仕上げにミニタオルがあるとバッチリです