美大合格のデッサン力をつかむ

ペンホルダー(補助軸)

ペンホルダー(補助軸)は、短くなった鉛筆を極限まで使いきるための道具です。 銀色の、確かアルミか何かでできています。

鉛筆は短くなると重みがなくなり、軽量のデジカメと同じ原理で自然と筆先が震えて描きづらくなる

その上カッターで削るのも厄介になり、ついつい長い鉛筆を使いがちになります。

 

そんなときはペンホルダーの出番です!

1本¥100。スーパー/ディスカウントショップなどの文具コーナーに行けば2本セットで¥180で売られているはずです。

鉛筆を包んでも持ちやすさは変わらず、硬度のラベルを超えてなお使うことができます

ダークグリーン、ナイトブルー、オーバージーンなど、メタリック・カラーが何色か出ていますが、個人的には従来のシルバーが大人しげで好きです。

ただし、 ペンホルダーのおしりに消しゴムのついたタイプは避けましょう!

消しゴムは性能が良くないのか紙を痛める上消せませんし、金具が正直ジャマです。
消そうとして消しゴムがモロッと取れて、画用紙を金具でひっかいて以来、消しゴム付きを使うことはなくなりました。

 

鉛筆の長さだけ芯がある

少し統計的なお話をすれば、人が「短くて使えないや」と思う平均的な長さは、

 

実に鉛筆を買ったままの長さのおよそ半分なのです!

 

まさかと思うかもしれませんが、1度短いなと思う鉛筆を見てみましょう。

実際削っていないラベル(ステッドラーでいえば青い部分)だけを見れば短いですが、芯の長さを見ると思った以上に長いことが分かるはずです。

つまり使えないと感じて鉛筆を捨てたとするなら、極論『50%も損をしている』ということなのです。

缶ジュース半分飲んで捨てるようなもの。もったいなし!

せっかく高い鉛筆を買っても、半分しか使わないなんてヤですよね。しっかり一本一本使い切ってあげましょう!