美大合格のデッサン力をつかむ
鉛筆 その1

デッサンの用途に合わせた
鉛筆の持ち方

鉛筆デッサンでは2種類の用途に合わせた持ち方があります。

鉛筆デッサンでの2種類の鉛筆の持ち方
1 描き込み
2 広く塗る

この2つの用途に合わせて、持ち方を変えています。

 

まず1つ目

描きこむための持ち方
『細かいところをカリカリ描くとき』

これはあなたがいつものようにノートへ板書するときの持ち方です。

板書の持ち方

いつもの持ち方と同じですね

「鉛筆の尖った先」を紙に当てて描きます。

最初にガリガリ描くと、消したときに跡が残ったりしてしまいます。なので、細かな部分の描写、描き込みという後半の作業でこの持ち方を多用します。

 

2つめは

広範囲用の持ち方
『広い範囲を塗りたいとき』

このときは、「鉛筆の腹」と呼ばれる部分を当てて描きます。

鉛筆の腹

鉛筆の先端ではなく側面を使って描いていますね。ここが「鉛筆の腹」です。

 

持ち方はいたってカンタン。

まず鉛筆をチョイっとつまみます。

2つめの持ち方

つまんで → にぎるだけ

それを握ればできあがり。

 

そしてシャカシャカ描く。

つまんでからの描き方

力は込めず、ふんわり持つと良い

 

ポイントは鉛筆の先ではなく腹に当てて、なでるように描くことです。

この持ち方なら鉛筆の腹に当たりやすくなり、広い範囲をより早く塗ることができますね

前半の下描きとしてうっすらアタリをつけるときや、軽く明度を落としたいときによく使います。

 

以上がデッサンで使われる鉛筆の持ち方です。

これら2つの用途を満たすために、デッサンで使う鉛筆はとても尖った削り方をするのです。

普通の鉛筆とデッサン用との違い

その分とても折れやすいですからご注意ください。

筆圧は硬さで加減するとよいでしょう。

 

鉛筆の削り方は、「カッター」の解説をどうぞ!

カッター
 
→別ウィンドウで開きます