美大合格のデッサン力をつかむ
カタチをとるときの大原則 その1

- 何事もまずシンプルに -

重なった手

複雑には捉えない

カタチをとるときには、モチーフがどんなに複雑であろうと、それに惑わされないで下さい。 どんなに入り組んでいるモチーフでも、「大まかな外形」はあるものです。まずはそこから見ていきましょう!

重なった手

モチーフは重なり合った手とします。

指が折り重なっていて、親指から描こうか四指から描こうかと迷ってしまいますよね。

だけど、ここでは描き込みたい気持ちを抑えて、テーマである「大まかな外形」からカタチをとっていきましょう。

 

段階 0~1

段階0と1
段階 0

こんなに大まかでいいの?というくらいザクッと描きます。

まずはこんなふうに、~角形っぽく簡単なポリゴンにしてしまうのです。

ここでのポイントはモチーフの外の頂点だけを描いているということ。これなら全体がイメージしやすく、点のように描いているから修正も楽ですね!

段階 1

さっきのポリゴンをもう少し細かくしますよ。

ぼんやりと「手がここにくるな」「親指はここかな」とイメージしてみましょう。

モチーフと比較して、ポイントがずれていないか確認しましょう。(段階 1では、まだ左手の親指が上に行きすぎですね。)

 

段階 2~3

段階2と3
段階 2

カタチの修正をしながらも、やっぱり大まかに見ていきます!

四指はもう「ナベつかみ」みたいに見ています。描き込む必要はありませんよ。

隠れていて見落とされがちですが、左手のラインも描いておきましょう。見えていないところほど、カタチのズレは起こってきますから

 

段階 3

最初の段階で描いていた補助線を消していきながら、アウトラインではなく、頂点やカタチの変わり目をピックアップするようにカタチの外形を描いていきましょう。

 

段階 4~5

段階4と5
段階 4

だいぶ手らしくなってきましたよ!

全体のカタチがうまく修正できていたので、細部を描いてもカタチのズレを心配する必要はほぼなくなりました。

段階 5

一度描いていたアタリを練りゴムで軽く消して、カタチを整理しました。段階4よりも、細部の構造がわかりやすくなりました。

 

さて、これでモチーフの複雑さに惑わされずにカタチがうまくとれましたね!

安心して次のステップ、ベースに移れそうです。

では、いままでのダイジェストを見ながらのお別れです

段階すべて

0番と 5番、よく見ておいてください。あんな入り組んだ指の構図を、こんなにもシンプルにとらえていいんだということを。