美大合格のデッサン力をつかむ
美大の試験は何をやるの?

実技と学科
それぞれの時間と課題内容

美大試験は実技と学科

実技と学科の試験

美大の試験は、大きく2つの試験で構成されています。

それが「実技試験」「学科試験」です。

実技試験では「デッサン」と「デザイン(平面構成)」、学科試験では「国語」と「英語」の試験がそれぞれ課されます。

美大試験は実技2種と学科2種

ですので、合計4つの試験で合否を決めると考えてください。

■ 実技試験は各150点満点

試験時間は大学ごとに異なりますが、それぞれ3時間もしくは5時間が一般的です。それぞれ150点

美大試験の鉛筆デッサン

デッサンは、簡単に言えば鉛筆で描いた絵です。

試験場にものが置かれていたり、素材が配られたりして、「これを描きなさい」という問題文が出されます。サイズはB3。

 

美大試験のデザイン・平面構成

デザイン(平面構成)は、絵の具でカラフルに描いた絵です。

配られたものや、あるテーマに従ってイメージなどを視覚化します。サイズはB3。

水彩のようににじませたりはせず、色の面をカッチリ分けて平面的に画面を塗ります。

ポカリスエットのパッケージのように、青は青!白は白!とハッキリさせるのです。

 

■ 学科試験は各100点満点

試験時間は、国語が1.5時間。英語は1時間が一般的。それぞれ100点

美大試験の国語

国語の出題範囲は、近代の歌人・作家などが中心です。

それに加えて小論文があるため、少し時間を多くとってあります。

近代の歌人の例を挙げれば、正岡子規、与謝野晶子、齋藤茂吉、宮沢賢治、etc…などがそれにあたります。

しかしそれほどヒネったものはなく、せいぜい作品ごとの人名や年代を覚えておけば解けるものばかりです。

小論文は、多少作文に近い創作的なものなので、文章の構成をキチンとすれば得点はとれます。

美大試験の英語

英語は文法や熟語など基本からなる試験で、長文も1ページに収まる程度の長さです。

美大の試験だからといって、美術用語が出てくるわけでもありません。

一般大の英語の試験と同じく通常の英文をイメージしてください。

 

美術系の大学ですから、

学科の難易度は高くありません

そして同じく美術系の大学である分、実技の評価はキビしいですよ。

全体的に学科がニガテな受験者が多い傾向にありますから、学科を押さえておくとだいぶ有利です。

 

上の試験内容は、私立美大トップの武蔵美・多摩美の試験の概要です。

ほかの美大も同じような試験方式ですが、得点・制限時間・出題形式などは若干異なってきますので、詳しくは大学ごとの入試要項を調べてみるとよいでしょう。

例えば、私の年の造形大の学科試験は「国数英から2科目選択式」でした。それでも学科のレベルは普通の一般大なので、理系少年だった私は数学でだいぶおいしい思いをさせていただきました。

とはいえ、やはり学科と実技、バランスよく勉強するのが美大受験のコツです

学科の不安が無くなれば、だいぶ実技に集中できます。

学科7~8割以上を常にとれるよう対策していくとよいですよ。